破綻から預金の引き継ぎまでの流れ

金融機関への預貯金は投資性の高い金融商品と比べて非常にリスクは低いものとなっていますが、金融機関もまた一民間企業であるため、経営状態の悪化などによって経営が破綻してしまう可能性はまったくゼロではありません。

 
}PgžxQ万が一、金融機関が経営状態の悪化などによってそれ以上業務を続けられなくなってしまった場合、気になるのが預け入れてある預貯金の扱いについてです。

 
金融機関が営業を続けられなくなってしまった場合に備えて、預金者を保護する制度があります。この制度のことを預金保険制度といいますが、金融機関は預け入れられている預貯金を払い戻すことが困難な状態になってしまったときに備えて保険料を支払い、預金者の不利益にならないように努めているのです。

 
実際に金融機関が業務を続けられなくなってしまった場合、次のような手順で預金が引き継がれることになります。
金融機関が業務を続けられなくなった、あるいはその恐れがある場合、金融庁長官によって金融整理管財人が派遣されることになり、ブリッジバンクの元へ預金者の預貯金の引き継ぎが行なわれることになります。

 
なお、預貯金がブリッジバンクへ引き継がれるときには預金者の預貯金だけではなく、業務停止状態になった金融機関の資産のすべてが移行されます。

Comments are closed.