決済を維持することの重要性

決済とは、お金の取引が完了することを指します。これは個人だけでなく、企業にとっても大切な銀行での取引であるため、維持がされていないと大変な事になるのです。

 
例えば、個人の場合でも、クレジットカードや、水道、ガス、電気などの公共料金は、大抵の場合、銀行で手続きされています。しかし、その銀行が破綻した時、すべてが止まってしまうと支払いが行われなくなってしますのです。電気やガスは止められてしまうことになります。

 
企業の場合はもっと深刻な問題です。原材料を仕入れたりなど、様々な取引を、企業は銀行で約束手形や為替を発行することが行っています。ところが、銀行が破綻した時、その支払が滞ってしまうのです。不渡りになってしまう可能性もありますし、倒産の危機さえ訪れます。

 
そのようなことを防ぐため、預金保護が行われています。万一、金融機関が破綻しても、元本1000万円とそれに付随する利息は保護されます。しかし、支払いなどが行われる利息がつかない預金は、1000万円位上であっても全額保護されます。また、小切手、為替などの取引は、支払いの途中にあった場合、破綻後もきちんと完了させることが出来るようになりました。
預金保護制度における重要なポイントです。

Comments are closed.