仮払金の支払い

 

 

銀行等の金融機関が破綻したときは、預金者の資産が大きな被害にあうことが予測されます。そのため、金融機関一箇所につき、最高1000万円までは預金者の資産を保障するという制度があります。例えば、2000万円の預金がある場合、金融機関が破綻しても、1000万円は保証されますので、損失が半分で住むということになります。
この制度は非常に便利なものですが、いざ金融機関が破綻したときには預金者が手続きに殺到しますので、すぐに支払いを受けることができるというものではありません。そのため、保険金の支払いにかなり日数がかかると予測される場合には、所定の手続きをしておくとすぐに、1口座あたり60万円を限度とした仮払いを受けることができます。この措置は、金融機関が破綻した1週間以内に預金保険機構で判断され、支払期間や支払場所などが公告されます。この手続きをとる必要がある場合には、金融機関が破綻してからしばらくの間は、動向を注視しておいたほうが良いでしょう。なお、後日保険金が正式に支払われるときには、既に支払われている金額は差し引いたものを受け取ることになります。結果的に受け取る金額は同じですので、急ぎの場合に活用しましょう。

Comments are closed.