借り入れと預金の相殺

いちご銀行などの金融機関が経営破たんをしてしまった場合、その金融機関に資産を預けている預金者にとって預貯金がどうなってしまうのかが心配のタネとなります。

 
経営破たんなどによって金融機関が預貯金の払戻をすることができなくなってしまった場合に備えた制度としては、預金保険制度がありますが、この制度を運営しているのが預金保険機構です。そのため、万が一、金融機関が経営破たんなどによって預貯金の払戻をすることができなくなった場合でも、金融機関の代わりに預金保険機構が預貯金の払戻を行なってくれることになるので、預金者は安心することができます。しかし、預金者が金融機関に預けておいた預貯金のすべてが払い戻されるわけではないということには注意をしておかなければなりません。通常の普通預金や定期預金の場合、一人当たり合算して元本1,000万円までとそれに対する利息しか払い戻されないという点に注意が必要です。そのため、多額の資産を持っている人の場合、、ひとつの金融機関にすべての資産を預けておくと、いざという時に大きく損をしてしまうこともあるのです。できることであれば、資産は分散して預けておくほうがいいでしょう。

 
仮に金融機関が経営破たんなどをしてしまった場合、払い戻される金額は前述したとおりですが、住宅ローンのどの借入れがある場合には、申し出をすることでその金額を預貯金と相殺することが可能です。

Comments are closed.