危機的な事態に対応するために

当面使う予定のないお金の預け先として金融機関の預貯金を多くの人は利用しています。しかし、金融機関は民間企業のひとつに過ぎず、何らかの要因によって経営が傾いてしまう場合も少なからずあります。そのため、預金者を保護するための制度として預金保険制度というものがあります。y金保険制度では、経営の悪化などによって預貯金の預け入れ先である金融機関が破綻してしまうような事態に陥ってしまった場合、1金融機関につき預金者1人当たり、元本1千万円までとその利息が保護されることになっています。また、利息の付かない普通預金や当座預金については預金保険制度によって全額が保護されることになっています。

アーモンド

 
預金保険制度では預金者の預け入れてあるお金を保護するだけではなく、危機的な事態に陥ってしまった場合に例外的な措置が取られることもあります。金融危機対応会議における話し合いにおいて内閣総理大臣が「国または当該金融機関が業務を行っている地域において信用秩序の維持にきわめて重大な支障が生じるおそれがある」と認めた場合、預金の全額保護を目的とする特別資金援助や預金保護機構による破綻した金融機関の全株式の取得などが行なわれることがあります。

Comments are closed.