預金保険

預金保険とは、金融機関が破綻したときの預金者保護のための制度です。もしもこの制度がなかった場合、預金しようと思っても、もしかしたら金融機関が破綻するのではないかという不安があって預金することができない場合もあるでしょう。このようになると経済全体に悪影響を与えるために、保護する制度が定められているのです。

 
その対象はいくつかの種類があります。まず、利息のつかない預金については全額が保護されます。例えば、決済用に用いる当座預金は保護の対象となります。また、個人が利用する預金口座のうち、無利息預金口座も全額が対象となるのです。

 
普通預金や定期預金などは利息を受け取ることができますが、これは一つの金融機関辺り1,000万円までと、破綻する日までの利息が保護の対象となります。

道路02
日本円での預金のみを扱っていますから、外貨預金はこの対象にならないという点に注意しておきましょう。また、MMFなど、債券に投資をするような口座は、仏預金と同じように扱う事はできますが基本的には投資信託の一種となりますから、これも保護の対象とはならないという点に注意しておきましょう。個人の場合には、普通預金に1,000万円まで預けるというのが基本です。

Comments are closed.