預金者の保護

}PgžxQ

現代の日本においては、非常に多くの人が自分のもつ資産を銀行などに預金しています。

 
預金とは字に書いて如く、金融機関に対してお金を預ける、ということです。
お金を預ける側にとってはあくまでも預けるだけであり、金融機関にあげたわけではありません。

 
ですから、金融機関には「預かった分のお金は必ず返す」という義務が生じます。
ですが現実に考えてみれば、たとえ大手の銀行などであっても経営破たんなどで預金の払い戻しが出来ない、という状況はありえます。
実際、かつての日本においても「ここは大手だから問題ない」と思われていた銀行が倒産し、国中を騒がせたということが発生しました。
そのため金融機関はこの義務、すなわち、預かった分のお金を預金してくれた人に対して必ず返す、という約束を果たすために保険をかけています。

 
つまり、金融機関が保険料を払い、自社が破たんしたときには預金者に対して保険金が直接支払われるか、そうでない場合は預金を譲りうける救済金融機関に対しての援助が行われ、預金が保護されるようになっているのです。
これは金融機関に預け入れられた預金だけではなく、決済や貸付のサービスを維持するため、可能な限り預金などを救済金融機関に引き継ぐ、といった形で保護を行うこととなっています。

Comments are closed.